↑ホーム(よかひよかとき) へ
     こんがらがって困るので、使用頻度大のものをコピー&ペーストで使えるよう 「覚え書」 としたものです。 参考になれば喜。 動作確認は自責で。
JavaScriptの覚え書 ActionScript2の覚え書 ActionScript3の覚え書 Javaアプレットの覚え書
Perlの覚え書 MTASCによるSWF作成の覚え書 Flex3によるSWF作成の覚え書 FLASH および Javaアプレット作品(おもちゃ箱)

[ このページへのリンクはフリーです ]

よかひよかときの (((((((((((( JavaScript の覚え書 ))))))))))))    .
■コメント文
■小数点以下の処理
■算術演算(商、余り、大きい方、小さい方、絶対値、べき乗、平方根、指数、対数)
■乱数を発生

■for文
■switch文
■繰り返し(ループ)やブロックから抜け出す

■テキスト表示
■文字列の比較
■文字列の検索
■文字列から1文字だけを抜き出す
■文字列から何文字か抜き出す
■文字列を分割する(結果を配列として返す)
■文字列の置換

■今日の日付を取得する
■現在の時刻を取得する

■数字を数値に変換
■数式を数値に変換(数式を与えると数値を返す)

■ファイル読み込み(ファイルからデータを入力)


■コメント文   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript // または /*   */

○ その行の // より後ろに記述された部分はコメントになる。
/**/ で挟まれた部分はコメントになる。複数行になるコメントのときはこちらを使用する。
(なお、HTMLでのコメントは、<!--   -->。また、スタイルシートでのコメントは、/*   */。)
2006.12.30
■小数点以下の処理   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript (例)
var a=13.64; // 正の数のとき
x=Math.ceil(a);
x=Math.floor(a);
x=Math.round(a);

a=-13.64; // 負の数のとき
x=Math.ceil(a);
x=Math.floor(a);
x=Math.round(a);

a=-13.51;
x=Math.round(a);
a=-13.5;
x=Math.round(a);
a=-13.49;
x=Math.round(a);



切り上げる。x=14 になる。
切り捨てる。x=13 になる。
四捨五入する。x=14 になる。


x=-13 になる。
x=-14 になる。
x=-14 になる。

(注意:Math.round(負数) の場合には特に注意)
x=-14 になる。

x=-13 になる(-14 にはならない!)。

x=-13 になる。
2006.12.30
■算術演算(商、余り、大きい方、小さい方、絶対値、べき乗、平方根、指数、対数)   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript (例)
var a=7;
var b=3;
var x;
x=a/b; // aをbで割ったを求める。
x=a%b; // aをbで割ったときの余りを求める。
x=Math.max(a, b); // aとbの値のうち大きい方の値を求める。
x=Math.min(a, b); // aとbの値のうち小さい方の値を求める。
x=Math.abs(b-a); // 絶対値を求める。

var c=3;
var d=4;
y=Math.pow(c,d); // cのd乗を求める。
y=Math.sqrt(c); // cの平方根を求める。
y=Math.exp(c); // 自然対数の底eのc乗を求める。
y=Math.log(c); // cの自然対数値を求める。





x=2.3333333333333335 になる。
x=1 になる。
x=7 になる。
x=3 になる。
x=4 になる。



y=81 になる。
y=1.7320508075688772 になる。
y=20.085536923187668 になる。
y=1.0986122886681097 になる。

2006.12.30
■乱数を発生   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript Math.random()

(例)
1,2,3,4,5 内で乱数を得るには
var x=1+Math.floor(Math.random()*5);




Math.random() は、0以上1未満のランダムな小数値を返すので、それを 5倍し Math.floor で小数点以下を切り捨てて整数にすると、0から4までの乱数を得る。それに1を加える。

2006.12.30
■for文   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript (例)
for(var i=0; i<=5; i++)
{

}


2006.12.30
■switch文   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript

switch()
{
	case 0: …; break;
	case 1: …; break;
	・
	・
	・
	default: …;
}

(例)
var weeks=["日", "月", "火", "水", "木", "金", "土"];
var now=new Date();
var wday=now.getDay(); // 曜日の取得
switch(wday)
{
	case 0:
		document.write("今日は日曜日で休みです。");
		break;
	case 6:
		document.write("今日は土曜日で休みです。");
		break;
	default:
		document.write("今日は"+weeks[wday]+"曜日です。");
}









default はどれにも当てはまらない場合の処理(省略可能)。
2006.12.30
■繰り返し(ループ)やブロックから抜け出す   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript
(例)
var k=0;
for(var i=0; i<=10; i++)
{
	k++;
	if(k>3) break;
} 


○ for, while, do などの繰り返し処理や、 switch による分岐から抜け出す。
  なお、continue を用いると、繰り返しをそこでスキップし処理の先頭に戻る。
2006.12.30
■テキスト表示   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript (例)
var a=13.64;
document.write("a="+a+"<br>");
document.write("こんにちは。<br>");



a=13.64
こんにちは。
2006.12.30
■文字列の比較   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript if("文字列0"=="文字列1"){ }
if("文字列0"!="文字列1"){ }
(例)
var str0="おはよう";
if(str0=="おはよう")
{
	document.write("str0 は、おはよう です。");
}
else
{
	document.write("str0 は、おはよう ではありません。");
}

文字列0 と 文字列1 が同じなら{  }。
文字列0 と 文字列1 が異なるなら{  }。

2007.01.01
■文字列の検索   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript 文字列.indexOf("検索文字", 検索開始位置);
文字列.lastIndexOf("検索文字", 検索開始位置);

(例)
var n;
var str="abcdABCDabcdABCD";

n=str.indexOf("ABC", 5);
n=str.indexOf("ABC");

n=str.lastIndexOf("ABC", 5);
n=str.lastIndexOf("ABC");

検索開始位置から後ろへ検索し、最初に出現する位置を返す。
検索開始位置から前へ検索し、最初に出現する位置を返す。





n=12 になる。
n=4 になる。 検索開始位置を省略すると、最初から検索する。

n=4 になる。
n=12 になる。 検索開始位置を省略すると、最後尾から検索する。

○ 先頭の文字が 0番目。
○ 検索して見つからなければ -1 を返す。

2006.12.30
■文字列から1文字だけを抜き出す   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript 文字列.charAt(抜き出す文字の位置)

(例)
var data="ABCDEFGHI";
var text=data.charAt(4);





text には、4番目の文字 ”E” が代入される。
 ( 先頭の文字は 0番目)

2006.12.30
■文字列から何文字か抜き出す   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript 文字列.substr(開始文字の位置、抜き出す文字の個数)

(例)
var data="ABCDEFGHI";
var text=data.substr(4, 3);


文字列.substring(開始文字の位置(ここから), 最終文字の次位置(ここの前まで))

(例)
var data="ABCDEFGHI";
var text=data.substring(4, 7);





text には、4番目〜6番目の ”EFG” が代入される。( 先頭の文字は 0番目)






text には、4番目〜6番目の ”EFG” が代入される。( 先頭の文字は 0番目)

○ 抜き出す文字の個数 や、最終前文字の位置を省略すれば、最後尾までになる。

2006.12.30
■文字列を分割する(結果を配列として返す)   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript 文字列.split("分割文字")

(例)
var text=new Array();
var data="今日は、晴れています。";
text=data.split("、");



○ 文字列が ”、” で分割され、結果を配列にして返す。結果として
text[0]="今日は";
text[1]="晴れています。";
になっている。

2006.12.30
■文字列の置換   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript (文字列0.split("文字列1")).join("文字列2");

(例)
var str="abcdABCDabcdABCD";
str=(str.split("ABC")).join("12");

文字列0 の中のすべての 文字列1 を 文字列2 に置き換える。


str の中のすべての ”ABC” を ”12” に置き換える。その結果
str="abcd12Dabcd12D" になる。

○ 文字列 str を ”ABC” で分割し、それらを ”12” で連結する方法である。

2006.12.30
■今日の日付を取得する   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript (例)
var today=new Date();
var year=today.getFullYear();
// 年の取得
var month=today.getMonth()+1; // 月の取得
var day=today.getDate(); // 日の取得
var wday=today.getDay(); // 曜日の取得
var weeks=new Array("Sun","Mon","Tue","Wed","Thu","Fri","Sat");
var week=weeks[wday];
document.write("今日は ",year," 年 ",month," 月 ",day," 日(", week,")です。");



○ このまま使うと
今日は 2006 年 12 月 30 日(Sat)です。
のようになる。

2006.12.30
■現在の時刻を取得する   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript (例)
var today = new Date();
var hour = today.getHours();
var min = today.getMinutes();
var sec = today.getSeconds();
document.write("現在 ",hour," 時 ",min," 分 ",sec," 秒 です。");



○ このまま使うと
現在 16 時 13 分 44 秒 です。
のようになる。

2006.12.30
■数字を数値に変換   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript parseFloat("数字");
parseInt("数字" , 進数);


(例)
var n=parseFloat("1.23");

var n=parseInt("2.56");
var n=parseInt("325ab");
var n=parseInt("ab325");
var n=parseInt("11", 2);
var n=parseInt("a", 16);
var n=parseInt("0xff");
var n=parseInt("012");

数字(文字列)を数値に変換する。
数字(文字列)を整数値に変換する。小数点以下は切り捨てる。
 (進数を省略すれば 10進数とみなされる。ただし、0xで始めれば16進数、0で始めれば8進数としてみなされる)


n=1.23 になる。

n=2 になる。 10進数の 2.56 とみなされ、その整数値が返される。
n=325 になる。 10進数 の325ab とみなされるが、aが変換できないので。
n=NaN になる。 10進数 のab325 とみなされるが、先頭のaが変換できないので。
n=3 になる。 2進数の 11 は、10進数で 3 だから。
n=10 になる。 16進数の a は、10進数で 10 だから。
n=255 になる。 0x で始まってるので16進数とみなされる。
n=10 になる。 0 で始まっているので8進数とみなされる。


○ eval()関数を用いて、 n=eval("1.23"); としても n=1.23 になる。
○ 逆に 数値を数字(文字列)に変換するには、
var a=123;
a=""+a; // a="123" (文字列)になる。

2007.01.02
■数式を数値に変換(数式を与えると数値を返す)   このページのトップへ 説明更新日
JavaScript eval("数式")









(例)
var x=0.2;
var equation="Math.sin(x)+Math.pow(x, 2)-3*x+1";
var y=eval(equation);

数式には、 数字、演算子(*, /, +, -)および 次の数学関数(Math)が使用できる。
Math.random()Math.ceil()Math.floor()Math.round()Math.abs()
Math.sin()Math.cos()Math.tan()Math.asin()Math.acos()
Math.atan()Math.atan2(,)Math.PIMath.max(,)Math.min(,)
Math.pow(,)Math.sqrt()Math.SQRT2Math.SQRT1_2Math.E
Math.LN2Math.LN10Math.LOG2EMath.LOG10EMath.exp()
Math.log()    


y=0.6386693307950612 になる。
 (Math.sin(0.2)+Math.pow(0.2, 2)-3*0.2+1 の計算値を返す)

2007.01.01
■ファイル読み込み(ファイルからデータを入力)   このページのトップへ 更新日
JavaScript  別ファイル (ファイル名.js) にスクリプト部分だけを記述しておき、HTML文書に読み込む。スクリプトを埋め込みたい部分に
<script language="JavaScript" src="ファイル名.js"></script>
と記述しておく。

(例)
 別ファイルとして、datafile.js 名で

<!--
var data1="今日は雨だった。";
var data2="明日は晴れるだろう。";
//-->


を作成しておく。
 一方、HTMLファイルの適当なところに

<script language="JavaScript" src="datafile.js"></script>

を記述しておけば、data1、data2 が読み込まれる。よって、例えば

<script language="JavaScript">
<!--
document.write(data1+"<br>");
document.write(data2);
//-->
</script>


とすれば、

今日は雨だった。
明日は晴れるだろう。


のように表示される。

2006.12.30

このページのトップへ

**********************************************************************************
Copyright(C) 2006- YokahiYokatoki